わが国の乳牛におけるレプトスピラ症の抗体調査

わが国の乳牛におけるレプトスピラ症の抗体調査

レコードナンバー852915論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名菊池 直哉
鳥海 史恵
中野 良宣
森谷 浩明
高橋 樹史
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ66巻・ 7号, p.463-467(2013-07)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (563KB) 
抄録日本の乳牛におけるレプトスピラ症の全国的な浸潤調査を実施した。スクリーニング試験としてバルク乳を用いたELISAを実施した結果,249農場中78農場(31.3%)がLeptospira interrogans血清型Hardjoに対して陽性を示した。北海道と東北が高く,それぞれ50.0%と47.5%であった。ELISA陽性牧場から無作為に抽出された約20頭の血清を用いて,病原性レプトスピラ8血清型について顕微鏡凝集反応(MAT)を行った。1,510検体中688検体(45.6%)が抗体陽性を示し,北海道の陽性率は67.5%で特に高い値を示した。血清型別ではL. interrogans血清型Hardjo(43.9%)の陽性率が最も高く,次いでL. interrogans血清型Hebdomadis(38.9%)の陽性率が高かった。MATを行った血清について同様にELISAにより血清型Hardjo抗体を検索したところ,1,510検体中723検体(47.9%)が抗体陽性を示しMATの結果と一致した。以上から,日本における牛レプトスピラ症が血清学的に確認され,本症が日本において広く浸潤していることが示唆された。
索引語ELISA;日本;陽性率;レプトスピラ症;血清;乳牛;MAT;実施;結果;北海道
引用文献数20
登録日2014年02月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat