千葉県におけるイネもみ枯細菌病と褐条病の薬剤耐性菌の発生

千葉県におけるイネもみ枯細菌病と褐条病の薬剤耐性菌の発生

レコードナンバー853094論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20036927NACSIS書誌IDAA12412168
著者名大谷 徹
竹内 妙子
書誌名千葉県農林総合研究センター研究報告 = Annual research bulletin of the Chiba Prefectural Agriculture and Forestry Research Center
別誌名CAFRC Res. Bull.
千葉農林総研研報
発行元千葉県農林総合研究センター
巻号,ページ5号, p.101-109(2013-03)ISSN18835295
全文表示PDFファイル (2514KB) 
抄録千葉県で2003~2005年に採取したイネ育苗期の細菌病発病苗及び2004年に生産されたイネ種子からもみ枯細菌病菌及び褐条病菌を分離し,オキソリニック酸とカスガマイシンに対する感受性検定を行った。その結果,もみ枯細菌病菌ではオキソリニック酸耐性菌,褐条病菌ではオキソリニック酸耐性菌とカスガマイシン耐性菌の発生が認められた。オキソリニック酸耐性のもみ枯細菌病菌に対してはカスガマイシン剤による育苗箱処理の効果が高かった。オキソリニック酸耐性・カスガマイシン感受性の褐条病菌に対してはカスガマイシン剤による育苗箱処理及び銅剤による種子消毒の効果が安定して高かった。
索引語もみ枯細菌病菌;褐条病菌;オキソリニック酸耐性菌;千葉県;発生;イネもみ枯細菌病;褐条病;薬剤耐性菌;オキソリニック酸耐性;カスガマイシン剤
引用文献数26
登録日2014年02月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat