異なる水分条件を有する砂の熱特性

異なる水分条件を有する砂の熱特性

レコードナンバー853114論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015000NACSIS書誌IDAN00347581
論文副題粒子の粒径・形状,および石英含有率の影響
著者名鴨志田 剛久
濱本 昌一郎
川本 健
榊 利博
小松 登志子
書誌名土壌の物理性
別誌名Soil physical conditions and plant growth, Japan
発行元[出版者不明]
巻号,ページ124号, p.11-16(2013-07)ISSN03876012
全文表示PDFファイル (4031KB) 
抄録粒径・形状の異なる砂試料を用いて異なる水分条件で熱特性を測定した。体積熱容量は,土粒子の粒径・形状及び石英含有率によらず,同体積含水率で比較した場合,試料間で顕著な差はみられなかった。乾燥領域では,粗い粒子形状の砂試料において平均粒径が大きいほど体積含水率の上昇にともなう熱伝導率の増加率が高くなる結果が得られた。一方湿潤領域での熱伝導率の増加率は,同種の試料であれば粒径によらずほぼ一定であり,同粒径の試料で比較すると石英含有率の高い試料ほど高くなる結果が得られた。本研究で得られた絶乾・飽和状態における熱伝導率の経験式を既存の熱伝導率予測モデルに考慮することで,熱伝導率の予測精度は改善された。
索引語粒径;熱伝導率;砂試料;形状;石英含有率;試料;水分条件;熱特性;比較;増加率
引用文献数13
登録日2014年02月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat