低地力条件下における水稲の植付け深が窒素およびケイ酸吸収量に及ぼす影響

低地力条件下における水稲の植付け深が窒素およびケイ酸吸収量に及ぼす影響

レコードナンバー853138論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011749NACSIS書誌IDAN00195767
著者名水野 貴文
森 静香
藤井 弘志
書誌名日本土壌肥料學雜誌 = Journal of the science of soil and manure, Japan
別誌名日本土壌肥料學雜誌 : 土壌・肥料・植物栄養
Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition
日本土壌肥料学雑誌
発行元日本土壌肥料學會
巻号,ページ84巻・ 4号, p.267-274(2013-08)ISSN00290610
全文表示PDFファイル (3050KB) 
抄録本研究では,水稲における効率的な養分吸収法として,植付け深が生育・収量および窒素・ケイ酸の養分吸収量に及ぼす影響について低地力条件下で検討した。1) 2009年・2010年とも生育期間を通し,植付け深が浅いほど茎数および穂数が多く推移する傾向であった。2) 両年次のN0およびN3区の収量は浅植えほど増加する傾向であったが,N6区の収量は4cm>2cm>8cmとなり,4cm植えの収量が2cm植えより優る傾向であった。3) N0およびN3区の窒素およびケイ酸吸収量は浅植えほど増加する傾向であった。この要因として,浅植えによって茎数が増加し,分げつの発生に伴い冠根が発生し,根量が増加すること,浅植えによって根の分布域が作土層全体に及ぶことから根域の広がりによりケイ酸および窒素吸収量が増加すると推察された。4) N6区の窒素およびケイ酸吸収量は4cm>2cm>8cmとなり,4cm植えの吸収量が2cm植えより優る傾向であった。この要因として,N6区の浅植えによる過剰生育による後期凋落が考えられた。
索引語浅植え;傾向;増加;収量;茎数;発生;窒素;低地;条件;水稲
引用文献数50
登録日2014年02月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat