食品機能性成分としてのスフィンゴ脂質の消化と吸収

食品機能性成分としてのスフィンゴ脂質の消化と吸収

レコードナンバー853146論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014795NACSIS書誌IDAN00311992
著者名菅原 達也
書誌名日本栄養・食糧学会誌
別誌名日本栄養・食糧学会誌
発行元日本栄養・食糧学会
巻号,ページ66巻・ 4号, p.177-183(2013-08)ISSN02873516
全文表示PDFファイル (3413KB) 
抄録スフィンゴ脂質は,真核生物の細胞膜構成成分の一つであり,細胞の分化やアポトーシスなどの生命現象に深く関わっていることが知られている。近年,食品機能成分としても注目されつつあり,とくに皮膚バリア向上作用が期待されている。したがって,経口摂取されたスフィンゴ脂質の消化と吸収の機構を明らかにすることは,その食品機能性を理解する上でも重要といえる。グルコシルセラミドやスフィンゴミエリンなどのスフィンゴ脂質は,小腸内で消化を受け,その構成要素であるスフィンゴイド塩基にまで加水分解された後に小腸上皮細胞に取り込まれる。しかし,その分解効率は低く,吸収率も低い。スフィンゴシンと比べて,それ以外の化学構造のスフィンゴイド塩基はP-糖タンパク質による排出を受けやすいため,吸収はさらに低いことが示唆されている。スフィンゴ脂質の有効利用のためにも,その選択的吸収機構の詳細について,今後明らかにされる必要がある。
索引語スフィンゴ脂質;消化;吸収;スフィンゴイド塩基;分化;グルコシルセラミド;スフィンゴミエリン;スフィンゴシン;吸収はさ;食品機能性成分
引用文献数40
登録日2014年02月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat