相模湾東部で観測された東北地方太平洋沖地震に伴う津波

相模湾東部で観測された東北地方太平洋沖地震に伴う津波

レコードナンバー853334論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035503NACSIS書誌IDAA12359338
著者名三宅 陽一
黒木 洋明
清水 学
書誌名水産技術 = Journal of fisheries technology
発行元水産総合研究センター
巻号,ページ5巻・ 2号, p.175-178(2013-02)ISSN18832253
全文表示PDFファイル (2420KB) 
抄録2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に伴い発生した津波は,太平洋沿岸を中心に広い範囲に渡って水産業に被害を及ぼした。本稿では,神奈川県長井地先で観測された津波について,水深・流速データに基づき報告する。本海域では,地震発生から津波の第1波到達まで約1時間かかり,初期の波の振幅は約1mから減少傾向を示し,周期は1-1.5時間程度であった。流向は北東および南南西を繰り返し,流速は50cm s-1以上に達した。この短周期で流向が交互に変化する強い流れによりワカメやコンブの養殖施設が被害を受けたと考えられる。
索引語津波;観測;東北地方太平洋沖地震;流;被害;初期;波;周期;流れ;相模湾東部
引用文献数20
登録日2014年02月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat