新漬けオリーブの加工条件に関する検討

新漬けオリーブの加工条件に関する検討

レコードナンバー853399論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20024257NACSIS書誌IDAA1156024X
著者名柴崎 博行
藤川 護
吉岡 直美
大谷 尚美
書誌名研究報告
別誌名香川県産業技術センター研究報告
発行元香川県産業技術センター
巻号,ページ13号, p.103-105(2013-06)ISSN13465236
全文表示PDFファイル (2113KB) 
抄録新漬けオリーブ製造に係る原料果実の保存条件,及び製造用水に含まれる無機成分が製品の品質に及ぼす影響について検討した。保存条件については,冷蔵保存した場合の品温の低下及び保存時の果実の乾燥が,脱渋の低下及び製品の色調の変化の原因となることが示唆された。また製造時に使用する水にカルシウムあるいは銅が高濃度で含まれる場合,製品の色調の変化による品質の低下を招くことが示唆された。
索引語製品;低下;検討;保存条件;品質;色調;変化;示唆;品温;果実
引用文献数4
登録日2014年03月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat