2011年冬季に茂串湾で発生したCochlodinium sp. type-Kasasaの有害性について

2011年冬季に茂串湾で発生したCochlodinium sp. type-Kasasaの有害性について

レコードナンバー853446論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012369NACSIS書誌IDAN10385146
著者名高日 新也
中野 平二
大塚 徹
川崎 信司
書誌名熊本県水産研究センター研究報告
別誌名Kumamoto ken suisan kenkyu senta hokoku
Report of Kumamato prifectural fisheries research center
発行元熊本県水産研究センター
巻号,ページ9号, p.81-84(2013-04)ISSN09181210
全文表示PDFファイル (1902KB) 
抄録2011年11月に茂串湾で発生した笠沙型赤潮は、シマアジ、ブリを短時間のうちにへい死させる有害なプランクトンであることが分かった。笠沙型による細胞密度と暴露時間及びへい死率の組み合わせは、シマアジは約4,900cells/ml・6時間で80%であった。ブリでは、8,300回cells/ml・1時間で100%、約6,000cells/ml・4時間で50%であった。赤潮でへい死したシマアジ、ブリには鰓蓋の発赤、脳の発赤、心外膜の白濁等の所見がみられ、これらは赤潮の曝露によって引き起こされたと考えられた。
索引語赤潮;シマアジ;ブリ;茂串湾;発生;Cochlodinium;Kasasa;へい死;発赤;暴露時間
引用文献数4
登録日2014年03月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat