海岸クロマツ林における林齢別Y-N曲線を組み込んだ重量値による収量-密度図の構築

海岸クロマツ林における林齢別Y-N曲線を組み込んだ重量値による収量-密度図の構築

レコードナンバー853475論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
著者名瀧 誠志郎
野堀 嘉裕
Lopez Caceres M.L.
武田 一夫
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ95巻・ 4号, p.206-213(2013-08)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (4101KB) 
抄録これまでの森林の密度管理手法は,幹材積の収量を把握・管理するものであった。森林を炭素吸収源として捉える際には,幹材積よりも重量値を基準に把握・管理するべきだと考えた。これは,木材生産を目的としていない森林を炭素吸収源として評価するには特に重要な意味を持つ。また,これまでの密度管理手法に共通して使用される最多密度線は,本来重量値によって定義づけられるものである。そこで,本研究では重量値による収量-密度図を作成することを目的とした。調査対象は庄内地方の海岸クロマツ林である。作成された収量-密度図の最多密度線の傾きは-0.507となった。本研究では,林齢とBポイントの関係から林齢別Y-N曲線を新たに導入した。これにより,収量-密度図上に時間軸を組み込むことで,調査対象とする林分の重量値を相対的に把握・評価することが可能となった。収量-密度図であれば,直径階別に立木本数とその重量値が把握できることから,炭素蓄積を目的とした密度管理にも応用できる。本研究は,これまでほとんど改変されてこなかった収量-密度図を,重量値を使用することによって時代のニーズに応える次世代型の密度管理方法として改良した。
索引語収量;重量値;密度図;把握;森林;海岸クロマツ林;林齢別Y;N曲線;管理;密度管理手法
引用文献数60
登録日2014年03月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat