水稲育苗箱を利用した簡易養液栽培装置のコマツナ栽培への適用

水稲育苗箱を利用した簡易養液栽培装置のコマツナ栽培への適用

レコードナンバー853562論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032024NACSIS書誌IDAA12207453
著者名松田 眞一郎
豊岡 幸二
書誌名滋賀県農業技術振興センター研究報告
別誌名Bulletin of the Shiga Prefecture Agricultural Technology Promotion Center
滋賀農技セ研報
Bull. Shiga. Pref. Agric. Tech. Promo. Cent.
発行元滋賀県農業技術振興センター
巻号,ページ51号, p.15-21(2013-03)ISSN18814735
全文表示PDFファイル (3877KB) 
抄録果菜類を対象として開発した簡易養液栽培装置「苗箱らく楽培地耕」の軟弱野菜への利用を目的とし,コマツナを供試材料としてその適応性を検討した。pH未調整のモミガラくん炭を吸水マットの代替とし,長辺方向に2列ごとに切断したセルトレイ(小トレイ)であらかじめ育苗した苗を小トレイのまま定植し,収穫も小トレイのまま行う新しい装置を検討したところ,栽培期間を通してモミガラくん炭のアルカリによる微量要素の欠乏は認められなかった。培養液には,1液型の隔離床用肥料の利用が可能であった。収穫時の生育および収量は,200穴セルトレイで作成した小トレイにT社製の播種培土を充填した場合が最も優れ,水稲育苗箱1箱当たり1~1.5kgの収量が得られた。また,小トレイとモミガラくん炭の間に寒冷紗を敷設すると,収量に影響することなく,収穫時の根切り作業が容易となった。
索引語小トレイ;利用;収穫時;モミガラくん炭;収量;簡易養液栽培装置;検討;果菜類;苗箱らく楽培地耕;軟弱野菜
引用文献数17
登録日2014年03月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat