琵琶湖におけるアユ仔稚魚の体長組成および成長履歴の地域差

琵琶湖におけるアユ仔稚魚の体長組成および成長履歴の地域差

レコードナンバー853566論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名酒井 明久
矢田 崇
井口 恵一朗
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ61巻・ 3号, p.253-259(2013-09)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (4592KB) 
抄録琵琶湖において,えり漁におけるアユ漁獲量は,2008~2010年の3年間共通して,漁期当初(11月下旬~12月上旬)には南東部水域で多く,北西部水域で少なかった。この原因を明らかにする目的で,2010年12月に底曳き網を用いて沿岸4地点でアユ仔稚魚を採集し,体長組成と成長履歴を調べた。この結果,えり漁の漁獲対象となる体長30mm以上の個体の比率は,漁獲量の多い南東部水域で高かった。また,ふ化から12月までの平均成長速度には水域間で差が認められたが,これはふ化後1カ月以降に生じたことがわかった。アユ漁獲量の地域差は,水域間の体長組成の違いがその一因であると考えられた。体長組成が水域間で異なる原因については,アユの成長と移動の両面から検討する必要がある。
索引語体長組成;アユ仔稚魚;成長履歴;水域間;琵琶湖;地域差;えり漁;アユ漁獲量;南東部水域;原因
引用文献数14
登録日2014年03月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat