飼育水への珪藻タラシオシラThalassiosira sp.の添加および餌料中のn-3HUFAがケガニErimacrus isenbeckiiのゾエア幼生の生残および発育期間に及ぼす影響

飼育水への珪藻タラシオシラThalassiosira sp.の添加および餌料中のn-3HUFAがケガニErimacrus isenbeckiiのゾエア幼生の生残および発育期間に及ぼす影響

レコードナンバー853570論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名市川 卓
岩本 明雄
津崎 龍雄
太田 健吾
浜崎 活幸
竹内 俊郎
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ61巻・ 3号, p.293-302(2013-09)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (1714KB) 
抄録ケガニErimacrus isenbeckiiの種苗生産における幼生の生残率の向上を目的に,1lビーカーを用いて本種幼生を第1齢ゾエアからメガロパまで飼育して,栄養強化したアルテミアおよび珪藻Thalassiosira sp.の飼育水への添加が幼生の生残率に及ぼす影響を検討した。併せて種苗生産から得た幼生および使用した生物餌料(アルテミア,珪藻)の脂肪酸分析を行った。その結果,飼育実験における幼生の生残率は飼育水に珪藻を添加することで有意に高くなったが,アルテミア中のn-3HUFA量は幼生の生残率に影響を及ぼさなかった。しかし,n-3HUFA量が少ないアルテミアを与えた場合にメガロパへの脱皮時に高い死亡率を示した。また,ケガニ幼生中のn-3HUFA量はゾエア幼生期からメガロパ幼生の期間に大きく変動しなかった。これらの結果から,幼生中のn-3HUFA量はn-3HUFAを含有する生物餌料を摂餌することで維持され,珪藻の飼育水への添加は種苗生産におけるケガニ幼生の生残および発育を改善すると考えられる。
索引語飼育水;幼生;アルテミア;添加;ケガニErimacrus isenbeckii;生残率;影響;生残;珪藻;3HUFA量
引用文献数21
登録日2014年03月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat