ミャンマー産イネ地方品種の米の糊化特性とアミロース含量

ミャンマー産イネ地方品種の米の糊化特性とアミロース含量

レコードナンバー853596論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名妙田 貴生
入江 憲治
Ye T.T.
西澤 信
永島 俊夫
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ39巻・ 4号, p.213-219(2013-07)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (790KB) 
抄録世界ではコメは重要な主食であり,人々のエネルギーや栄養源として重要な役割を担っている。ミャンマーはイネの遺伝資源を豊富に有し,様々な生育環境に適応することで多様な品種が分化している。ミャンマーの人々は,様々な品種のコメを調理や加工品として消費しているが,山岳部に居住する人々は低アミロース米やモチ米を好む。日本では低アミロース米は,突然変異による改良品種として育成されたものしか存在していないが,ミャンマーでは,天然に存在する。本研究は,ミャンマーの山岳部で収集した24地方品種の米の糊化特性を明らかにすることを目的とした。一般に,米の糊化特性はデンプン中のアミロース含量に顕著に影響を受ける。ミャンマーの山岳地域におけるイネ品種のアミロース含量は,大きくモチ(0~2.5%),低アミロース(3.0~6.0%)および中アミロース(10.0~17.0%)の3つに大別された。モチ品種(0~2.5%)は全てのRVA(Rapid Visco Analyzer)パラメータにおいて低い値であり,低アミロース品種のそれはモチ品種と類似した。しかしながら,中アミロース品種ではそれらの値が増加した。以上のことから,ミャンマーイネ地方品種の糊化特性は,アミロース含量に依存することが示された。一方,本研究に供試した品種の内,2品種(NGA-CHEKおよびKHAO SIAM)は特異的な糊化特性を有しており,デンプン中のアミロベクチンの構造による結果であることが推察された。
索引語品種;糊化特性;ミャンマー;アミロース含量;米;人々;コメ;山岳部;低アミロース米;存在
引用文献数17
登録日2014年03月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat