イネにおける低グルテリン遺伝子Lgcl選抜PCRマーカーによる低グルテリン準同質遺伝子系統の育成とLgcl遺伝子が基本農業形質に与える影響

イネにおける低グルテリン遺伝子Lgcl選抜PCRマーカーによる低グルテリン準同質遺伝子系統の育成とLgcl遺伝子が基本農業形質に与える影響

レコードナンバー853597論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015503NACSIS書誌IDAA11317194
著者名松井 崇晃
石崎 和彦
橋本 憲明
中村 澄子
大坪 研一
書誌名育種学研究 = Breeding research
発行元日本育種学会
巻号,ページ15巻・ 3号, p.83-89(2013-09)ISSN13447629
全文表示PDFファイル (3172KB) 
抄録イネにおいて突然変異遺伝子であるLgc1遺伝子は,胚乳タンパク質の組成を変化させ,易消化性タンパク質であるグルテリンの低減を引き起こす。Lgc1によって低グルテリン化された米は,タンパク質の摂取制限が必要な腎臓病患者などの病態食として利用されている。一方でLgc1が胚乳タンパク質の組成以外に与える影響を検討した例は少なく,その生産物である米の食味や加工特性との直接的な関係が報告された例もわずかである。特定の遺伝子の多面的な働きを調査する場合,遺伝的背景を同一にした同質遺伝子系統間で比較することが有効である。本報告では,同質遺伝子系統の選抜において有効なPCRを用いたDNAマーカーを開発し,その有効性を確認した。さらに,これを用いて低グルテリン品種である「春陽」を1回親とし,通常のタンパク質組成を持つ「こしいぶき」を反復親とした戻し交配法によってLgc1に関する2組の準同質遺伝子系統対を作製した。また,この準同質遺伝子系統対を用いて基本的な農業形質を調査した結果,玄米千粒重では低グルテリン型が野生型を有意に上回った。また,玄米の外観品質においては低グルテリン型が野生型より優れた。しかし,到穂日数,登熟日数,稈長,穂数,精玄米重,玄米粒形,玄米タンパク質含有率において異なるタンパク質組成の準同質遺伝系統間で有意な差は認められなかった。これらのことから,今回作製した2組の準同質遺伝子系統対はLgc1の多面発現の検討において有効な素材となると判断された。
索引語準同質遺伝子系統対;イネ;影響;米;胚乳タンパク質;検討;例;調査;タンパク質組成;2組
引用文献数14
登録日2014年03月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat