耐火性能を有する木質材料の開発

耐火性能を有する木質材料の開発

レコードナンバー853647論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20001550NACSIS書誌IDAA1155559X
論文副題小型耐火試験機による耐火性能の評価
著者名染川 さおり
増田 勝則
柳川 靖夫
田中 陽子
伊藤 貴文
春日 二郎
書誌名奈良県森林技術センター研究報告
別誌名Bulletin of the Nara Forest Research Institute
奈良県森技セ研報
Bull. Nara, For. Res. Inst.
発行元奈良県森林技術センター
巻号,ページ42号, p.45-51(2013-04)ISSN13459864
全文表示PDFファイル (2760KB) 
抄録電気炭化炉を改造した小型耐火試験機を用いて、不燃薬剤を加圧注入法で含浸した木質材料の耐火試験を行った。この試験機において、炉内温度の調整を手動で行うことにより、1時間耐火試験で求められる標準加熱曲線(ISO834)の再現が可能であった。耐火試験に供する材料を次のとおり作製した。厚さ15mmのスギ辺材板目板にホウ酸系2種類およびグアニジンリン酸塩系1種類の不燃薬剤をそれぞれ含浸させ、幅はぎして接着した後に、繊維方向を直交させて3層および4層積層接着し、それぞれ厚さ45mmおよび60mmの試験体を作製した。同様にして、厚さ15mmおよび18mmのヒノキ材板目板を3層積層し、それぞれ厚さ45mmおよび54mmの試験体を作製した。また、厚さ3mmのスギ辺材単板にグアニジンリン酸塩系の薬剤を含浸させ、17層および19層積層し接着して、それぞれ厚さ51mmおよび57mmの合板を作製した。これらを用いて電気炭化炉を改造した小型耐火試験機で耐火試験を行った結果、スギの厚さ60mmの試験体、ヒノキの厚さ54mmの試験体および57mmのスギ合板が1時間耐火構造の基準を満たした。3種類の薬剤間で耐火性能の差はなかった。これらの不燃薬剤の性能を確認するために、厚さ18mmのスギ辺材板目板およびヒノキ材板目板を用いて、コーンカロリーメータ法による発熱性試験を行った結果、3薬剤とも建築基準法に規定される不燃材料の基準を満たした。
索引語耐火性能;作製;試験体;小型耐火試験機;耐火試験;不燃薬剤;含浸;木質材料;接着;基準
引用文献数4
登録日2014年03月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat