冬季の日没後または日の出前の昇温処理がスプレーカーネーションの開花,収量および切り花形質に及ぼす影響

冬季の日没後または日の出前の昇温処理がスプレーカーネーションの開花,収量および切り花形質に及ぼす影響

レコードナンバー870008論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名馬場 富二夫
石井 香奈子
武藤 浩志
稲葉 善太郎
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ12巻・ 4号, p.389-396(2013-10)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (493KB) 
抄録スプレーカーネーション(Dianthus caryophyllus L.)の効率的な夜温管理法を確立するために,‘ライトピンクバーバラ’(‘LPB’)と‘チェリーテッシノ’(‘CT’)を供試し,日没後および日の出前の4時間を17℃に昇温,その他の夜温を10℃に設定し,10℃一定夜温と比較した。さらに日没後昇温後の夜温を5℃にした区を設定し,生育,収量および切り花形質を調査した。日没後および日の出前いずれの昇温においても,同等に到花日数が短縮し,冬季の収穫本数が増加した。しかし,日の出前の昇温では切り花重が軽く,花らい数が減少するなどの切り花形質への悪影響がみられた。昇温後の夜温管理では5℃の場合,10℃一定区に比べて消費熱量が少ないにもかかわらず,到花日数が短縮し,収穫本数は同等で,コスト削減効果が高いと考えられた。以上の結果から,‘LPB’,‘CT’ともに夜間の短時間昇温処理により到花日数が短縮し収穫本数を増加させるが,切り花形質の点から日没後の昇温が効果的であり,昇温処理後の夜温を低くしても同等の生育でコスト削減効果が認められることが見いだされた。
索引語昇温;日の出前;夜温;到花日数;収穫本数;切り花形質;冬季;コスト削減効果;短縮;スプレーカーネーション
引用文献数15
登録日2014年06月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat