養殖カワハギにおけるStreptococcus iniaeおよびLactococcus garvieaeの病原性ならびにこれら細菌に対する不活化ワクチンの有効性

養殖カワハギにおけるStreptococcus iniaeおよびLactococcus garvieaeの病原性ならびにこれら細菌に対する不活化ワクチンの有効性

レコードナンバー870205論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008714NACSIS書誌IDAN00063165
著者名南 隆之
金丸 昌慎
岩田 一夫
桑原 正和
天野 健一
水田 篤
前田 修大
西木 一生
津江 佑哉
吉田 照豊
書誌名魚病研究
別誌名Fish pathology
発行元[出版者不明]
巻号,ページ48巻・ 3号, p.81-87(2013-09)ISSN0388788X
全文表示PDFファイル (497KB) 
抄録Streptococcus iniaeおよびLactococcus garvieaeのカワハギに対する病原性について注射感染法で検討した結果,両者とも強い病原性を持つことが明らかになった。また,これら2つの細菌について,他魚種用に市販されているワクチンのカワハギへの有効性を検討した結果,それぞれ高い予防効果があることが分かった。さらにこれら2種のレンサ球菌症ワクチンを等量混合した2種混合ワクチンは,カワハギのどちらの感染症に対しても高い予防効果を示した。
索引語Streptococcus;Lactococcus;garvieae;病原性;カワハギ;細菌;有効性;養殖カワハギ;検討;結果
引用文献数15
登録日2014年06月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat