チュニジアでヨーロッパヘダイ病魚から分離されたリンホシスチスウイルス

チュニジアでヨーロッパヘダイ病魚から分離されたリンホシスチスウイルス

レコードナンバー870208論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008714NACSIS書誌IDAN00063165
著者名Haddad-Boubaker S.
Bouzgarou N.
Fakhfakh E.
Khayech M.
Mohamed S.B.
Megdich A.
Chehida N.B.
書誌名魚病研究
別誌名Fish pathology
発行元[出版者不明]
巻号,ページ48巻・ 3号, p.101-104(2013-09)ISSN0388788X
全文表示PDFファイル (332KB) 
抄録2011年にチュニジアの地中海沿岸の2養殖場で飼育されていたヨーロッパヘダイSparus aurataにリンホシスチス病(LCD)の症状を呈して大量死亡する事例が発生した。病魚の体表患部,内臓,眼および脳からリンホシスチスウイルス(LCDV)がBF-2細胞により分離され,またPCRによりLCDVポリメラーゼ遺伝子が検出されたことから本死亡事例へのLCDの関与が示唆された。主要外被タンパク質遺伝子(MCP)のアミノ酸配列の解析から,分離株2株は既報の主としてヨーロッパヘダイからの分離株で構成される遺伝子型VIIと高い相同性を示し(98.3%以上),地中海,紅海およびヨーロッパ大西洋南部海域から分離された9株と一致した。本報告はチュニジアにおけるLCDによると考えられる大量死に関する最初の報告である。
索引語分離;チュニジア;LCD;ヨーロッパヘダイSparus aurata;PCR;MCP;既報;ヨーロッパヘダイ;ヨーロッパヘダイ病魚;事例
引用文献数14
登録日2014年06月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat