ビーグル犬におけるドーパミントランスポーター遺伝子の一塩基多型と注意欠陥多動性障害の関連

ビーグル犬におけるドーパミントランスポーター遺伝子の一塩基多型と注意欠陥多動性障害の関連

レコードナンバー870231論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20019368NACSIS書誌IDAA12018166
著者名倉地 卓将
村瀬 香織
西出 雄大
小山 哲史
佐藤 俊幸
書誌名Animal behaviour and management
別誌名日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌
発行元日本家畜管理学会
巻号,ページ49巻・ 3号, p.122-127(2013-09)ISSN18802133
全文表示PDFファイル (313KB) 
抄録注意欠陥多動性障害(ADHD)は多動性,不注意,衝動性により特徴づけられる主要な精神疾患である。この疾患は犬においても確認されている。この疾患に対して頻繁に使用されるメチルフェニデートは,ドーパミントランスポーターに作用して遊離ドーパミン量を増加させるため,ドーパミントランスポーターのADHD発症に対する影響が注目されている。ドーパミンはADHDにおいて重要な役割を担っているため,22頭のビーグル犬を対象にドーパミントランスポーターの遺伝子であるSLC6A3のDNA配列を決定した。ADHDの評価については,行動評価アンケートの記入を飼育者に依頼した。SLC6A3遺伝子の4ヶ所で多型が確認された。A157Tの遺伝子型がAAの犬,G762Aの遺伝子型がGGの犬,および2歳以下の犬は注意欠陥の点数が高かった。また,2歳以下の犬は自発的活動性と衝動性の点数も高かった。これらの結果は,犬のADHDとドーパミントランスポーターに関連があることを示唆する。しかし,どのような機序によるものかを明らかにするためには,さらなる研究が必要である。
索引語犬;ドーパミントランスポーター;疾患;ビーグル犬;注意欠陥多動性障害;関連;衝動性;確認;遺伝子型;点数
引用文献数19
登録日2014年06月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat