2回刈り栽培向きホールクロップサイレージ用イネ新品種「ルリアオバ」の育成

2回刈り栽培向きホールクロップサイレージ用イネ新品種「ルリアオバ」の育成

レコードナンバー870239論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20003504NACSIS書誌IDAA11598810
著者名坂井 真
中野 洋
岡本 正弘
田村 克徳
梶 亮太
田村 泰章
片岡 知守
溝淵 律子
書誌名九州沖縄農業研究センター報告
別誌名Bulletin of the NARO Kyushu Okinawa Agricultural Research Center (NARO/KARC)
Bull. Natl. Agric. Res. Cent. Kyushu Okinawa Reg.
九州沖縄農研報告
発行元農業技術研究機構九州沖縄農業研究センター
巻号,ページ60号, p.1-12(2013-09)ISSN13469177
全文表示PDFファイル (1847KB) 
抄録「ルリアオバ」は,暖地向きの再生イネを利用する2回刈り栽培に適するホールクロップサイレージ(WCS)用の水稲品種であり,2012年4月に品種登録された。本品種は,台湾のインディカ型のもち在来種「Taporuri」のγ線照射後代から難脱粒性を示す突然変異体として選抜,育成された。脱粒性以外の特性は「Taporuri」とほぼ同一である。出穂期は育成地では「タチアオバ」より遅い“極晩生”に属するもち種である。極長稈で,黄熟期に到達する頃には倒伏の可能性が大きくなるが,「Taporuri」同様に生育初期から生育がきわめて旺盛である特性を生かし,2回刈り栽培では「タチアオバ」を上回る地上部乾物収量が得られる。いもち病に対しては未同定の真性抵抗性を持ち,圃場抵抗性は葉いもち,穂いもちともに不明である。白葉枯病抵抗性は“中”で,縞葉枯病には抵抗性を有する。
索引語育成;特性;再生イネ;ホールクロップサイレージ;γ線照射後代;出穂期;極晩生;黄熟期;生育初期;葉いもち
引用文献数12
登録日2014年06月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat