ナス果菜外果皮からのナスニンを含む天然色素素材の調製

ナス果菜外果皮からのナスニンを含む天然色素素材の調製

レコードナンバー870262論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名橋本 啓
小原澤 知美
伊藤 和子
阿久津 智美
大山 高裕
渡邊 恒夫
山崎 公位
角張 文紀
吉成 修一
荒井 一好
宇田 靖
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ60巻・ 10号, p.589-594(2013-10)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (1910KB) 
抄録高い機能性を持つが安定性に乏しいため食品素材としての利用が進んでいないナス由来のアントシアニン色素「ナスニン」を,ナスの外果皮から安定性を保った状態で回収して有効活用することを目指して試験を行った。ナスニンはナス皮から0.5%酢酸水溶液により抽出されるが,その抽出条件を検討した結果,始めの3回の抽出液を廃棄することにより共存するクロロゲン酸を効率よく除去することができた。その結果,抽出液を固相抽出法により分画することで,185gのナス外果皮から80.6mgのナスニンを純度86.5%で得ることができた。固相抽出ナスニンはpH4.5の溶液中で4℃,暗所にて2週間保持した所65.1%に減少していた。一方で,抽出液に添加したカゼインを等電点沈殿することによりナスニンを回収率60.8%でナスニン-カゼイン複合体として得ることができた。この複合体中のナスニンは4℃,暗所にて2週間保存しても有意な減少は認められなかった。さらに,凍結乾燥したものでは室温条件でも89.4%が残存しており高い安定性が認められた。
索引語ナスニン;安定性;抽出液;ナス;暗所;減少;固相抽出ナスニン;ナス果菜外果皮;天然色素素材;調製
引用文献数21
登録日2014年06月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat