野生のトリカブト属植物に含まれるアコニチン類含有量とマウス毒性および加熱による含有量の減少

野生のトリカブト属植物に含まれるアコニチン類含有量とマウス毒性および加熱による含有量の減少

レコードナンバー870350論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名笠原 義正
伊藤 健
沼澤 聡明
和田 章伸
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ54巻・ 5号, p.364-369(2013-10)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (1345KB) 
抄録野生のトリカブトの葉や根などに含まれている4種のアコニチン類(AC類)をLC-MS/MSを用いて一斉定量した。また,マウスに対する毒性とAC類の定量値との関係を検討した。野生のトリカブトの葉,根,花弁,蜜腺に含まれるAC類を定量した結果,おのおの5.9,928.1,46.1,69.8μg/gで,根の次に蜜腺の含有率が高かった。また,市販のはちみつを検査したが,AC類が検出されたものはなかった。トリカブトの根エキスのマウス毒性とAC類の定量結果は良い一致を示した。また,AC類が検出されなかったウゼントリカブトにマウス毒性は観察されなかった。4種のAC類の加熱による変化では,0.5分間ゆでた葉のAC類含有量は31.6%に減少し,そのゆで汁に54.5%移行した。また,メサコニチンを加熱してベンゾイルメサコニンに変化することが確認されたので,これが検出されてもトリカブト属植物による中毒が示唆できることが分かった。
索引語AC類;野生;マウス毒性;加熱;トリカブト;根;葉;検出;トリカブト属植物;減少
引用文献数9
登録日2014年04月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat