高い死亡率を示したブロイラーの伝染性気管支炎(腎炎型)

高い死亡率を示したブロイラーの伝染性気管支炎(腎炎型)

レコードナンバー870503論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011607NACSIS書誌IDAN0007252X
著者名小笠原 房恵
大山 貴行
熊谷 芳浩
八重樫 岳司
福成 和博
井戸 徳子
中村 菊保
書誌名鶏病研究会報
別誌名Journal of the Japanese Society on Poultry Diseases
鶏病研究会報
巻号,ページ49巻・ 3号, p.205-212(2013-11)ISSN0285709X
全文表示PDFファイル (3035KB) 
抄録72,000羽を飼養するブロイラー農場において,8鶏舎あるうちの1鶏舎で飼養されていた28~31日齢の鶏に,鶏伝染性気管支炎(IB)が発生し,死亡率が44%に及んだ。発症鶏には,尿細管間質性腎炎が認められ,同病変部にIBウイルス抗原が証明された。また,生存鶏では,尿細管の再生など,尿細管間質性腎炎の慢性化像が観察された。他に,発症鶏では,十二指腸から盲腸に至るコクシジウムの重度寄生と総蛋白の上昇と血清トリグリセリドの低下が認められた。ウイルス検索により,腎臓および気管から,JP-IIに属するIBウイルスが分離され,腎炎型のIBと診断された。さらに,発症鶏の全ておよび生存鶏の一部の肺から大腸菌が分離され,IBウイルスおよび大腸菌抗原を伴うカタル性気管炎・傍気管支炎が観察された。IBワクチンの使用状況は,発生鶏舎では未実施で,他の鶏舎ではJP-Iワクチンが使用されていた。獲得免疫の欠如,大腸菌またはコクシジウムのような他の病原体の感染ストレスおよび栄養不良など,複数の要因が本事例の死亡率に影響していたと考えられた。
索引語死亡率;IB;コクシジウム;発症鶏;腎炎型;鶏;IBウイルス;大腸菌;飼養;尿細管間質性腎炎
引用文献数21
登録日2014年04月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat