ラットにおけるイソマルチュロースの満腹感持続作用

ラットにおけるイソマルチュロースの満腹感持続作用

レコードナンバー870517論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014795NACSIS書誌IDAN00311992
著者名笹川 克己
峰尾 茂
平山 匡男
佐藤 眞治
書誌名日本栄養・食糧学会誌
別誌名日本栄養・食糧学会誌
発行元日本栄養・食糧学会
巻号,ページ66巻・ 6号, p.301-307(2013-12)ISSN02873516
全文表示PDFファイル (451KB) 
抄録スクロースの構造異性体であるイソマルチュロースは,小腸でゆっくりと消化される糖質として知られている。摂食行動には様々な要因が関わっているが,食品中の栄養成分の消化速度と摂食調節との関連性については明らかになっていない。そこで,ラットの摂食行動に及ぼすイソマルチュロースの影響について検討を行った。その結果,イソマルチュロース投与後24時間の摂餌量および総エネルギー摂取量は,コントロール群に比べ有意に減少することが明らかとなった。また,胃内容物排出はコントロール群に比べ低下する傾向にあり,血糖値と血漿中インスリン濃度の上昇はスクロース群に比べ有意に抑制された。以上の結果は,消化速度の遅いイソマルチュロースが満腹感を持続させる作用を有することを示しており,食欲コントロールに有用である可能性が示唆された。
索引語イソマルチュロース;ラット;摂食行動;消化速度;コントロール群;スクロース;摂餌量;総エネルギー摂取量;スクロース群;満腹感持続作用
引用文献数30
登録日2014年04月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat