腎腫瘤により続発性高アルドステロン症を呈したと思われた猫の1例

腎腫瘤により続発性高アルドステロン症を呈したと思われた猫の1例

レコードナンバー870521論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名新家 俊樹
小川 高
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ66巻・ 12号, p.867-869(2013-12)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (730KB) 
抄録17歳齢,雄の雑種猫が元気食欲の低下,運動失調を主訴に来院した。血液検査ではALP,CKの上昇,重度の低カリウム血症がみられた。腹部超音波検査では左腎の腫瘤,両側副腎腫大がみられた。血中アルドステロン値及び血中レニン活性値はそれぞれ高値を示した。以上より,腎腫瘤による続発性高アルドステロン症が疑われた。ACE阻害薬及びスピロノラクトンの投与により低カリウム血症や臨床症状は改善した。
索引語腎腫瘤;続発性高アルドステロン症;低カリウム血症;CK;腫瘤;両側副腎腫大;スピロノラクトン;猫;雄;雑種猫
引用文献数6
登録日2014年04月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat