世界の都市下水生成量および処理量の推定

世界の都市下水生成量および処理量の推定

レコードナンバー870550論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015507NACSIS書誌IDAN00125003
著者名佐藤 敏雄
山本 定博
Qadir M.
遠藤 常嘉
増永 二之
北村 義信
書誌名水利科学
別誌名Water science
発行元水利科学研究所
巻号,ページ334号, p.126-147(2013-12)ISSN00394858
全文表示PDFファイル (1109KB) 
抄録都市下水を利用した灌漑は,世界各地において農業生産を支える有用な選択肢である。その資源を効率的に管理するための世界および各地域における都市下水の生成量や処理量の把握は未だ十分ではない。本研究では,引用可能なデータを用いて,世界の都市下水の生成量および処理量を推定する手法を開発した。都市下水の生成量の因子として,都市人口および経済指標,都市降水総量を用いた。都市下水の処理量は都市人口および経済指標,衛生施設の普及率,都市発展指数から推定した。推定適合度は,都市下水生成量において0.92,都市下水処理量においては0.75であった。都市下水の生成量と処理量が公的に報告されていない国についても,本手法を適用することにより,これらを十分な精度をもって推定できると判断される。本手法を適用して,世界の年間都市下水生成量は2000年には460km3,2010年には579km3と推定した。これは,世界の農業取水量の約20%に相当する。国別にみた場合,半数以上の国において農業用水取水量の50%以上に相当することが推定された。それ故,都市下水は豊富な水資源になりうると考えられた。しかしながら,都市下水生成量の69%が未処理のまま環境中へ放出されていると推定されたことから,下水処理場の拡充がより必要であると示唆された。
索引語推定;都市下水;世界;処理量;生成量;都市下水生成量;相当;国;都市人口;経済指標
引用文献数61
登録日2014年04月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat