ナイジェリアにおけるゼアラレノンとT-2トキシンによるとうもろこし汚染とヒトへの暴露

ナイジェリアにおけるゼアラレノンとT-2トキシンによるとうもろこし汚染とヒトへの暴露

レコードナンバー870576論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20003608NACSIS書誌IDAN00334513
著者名Afolabi C.G.
Ekpo E.J.A.
Bandyopadhyay R.
書誌名マイコトキシン
別誌名マイコトキシン研究会会報
Proceedings of the Japanese Association of Mycotoxicology
発行元マイコトキシン研究会
巻号,ページ63巻・ 2号, p.143-149(2013-07)ISSN02851466
全文表示PDFファイル (1884KB) 
抄録とうもろこしはナイジェリアで栽培,消費されている最も重要な穀物のひとつである。3つの農業生態学的地帯(AZE)における13の市場から食用のとうもろこし104検体を集め,ELISA法によってゼアラレノン(ZEA)とT-2トキシン(T-2)レベルを測定した。とうもろこしのZEA汚染は50μg/kg未満から196μg/kgまでの範囲であった。ZEAは37%のとうもろこしから検出されたが,この中の3.8%だけがEUにおける未加工穀物100μg/kgに対するZEAの上限値を超えた。T-2は36%のとうもろこしから検出された。汚染の幅は7.5μg/kg未満から29μg/kgであった。現在EUではT-2に対する規制値を設けていない。全検体の17%にあたる18検体から両トキシンが検出された。AEZ別にこれらのトキシン分布を見てみると,南ギニアサバンナ地帯(SGS)において最も多くのサンプルを収集したにもかかわらず,派生サバンナ地帯(DS)では他の二つのAEZに比べて,ZEAで50%,T-2で38%多く陽性検体が検出された。
索引語ZEA;ゼアラレノン;とうもろこし;検出;ナイジェリア;EU;食用;汚染;両トキシン;とうもろこし汚染
引用文献数20
登録日2014年04月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat