フェラーバンチャ機能付バケットとグラップル付バケットを用いた森林作業道作設システムの比較

フェラーバンチャ機能付バケットとグラップル付バケットを用いた森林作業道作設システムの比較

レコードナンバー870589論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00019557NACSIS書誌IDAN10531146
著者名片桐 智之
書誌名森林利用学会誌
別誌名Journal of the Japan Forest Engineering Society
発行元森林利用学会
巻号,ページ28巻・ 4号, p.263-268(2013-10)ISSN13423134
全文表示PDFファイル (10026KB) 
抄録フェラーバンチャ機能付バケットを用いた森林作業道作設の伐木工程,木寄工程,掘削工程の生産性を明らかにし,グラップル付バケットによる作設システムとの比較試験を行うとともに,本作業システム全体の生産性と作設コストを評価した。フェラーバンチャシステムの伐木工程は35.14m3/時となり,従来型システムの2倍となった。また,鋸断作業は胸高直径と明確な関係がなく,平均3秒で行われた。調査で得られたサイクルタイムから試算した1日あたりの作設距離は,フェラーバンチャシステムが114.4m/日となり,従来型システムと比較すると,1人作業より約8m/日長くなり,2人作業より約12m短くなった。作設コストは,フェラーバンチャシステムが606円/mとなり,従来型システムと比較すると,1人作業より5円/m,2人作業より88円/m低くなった。フェラーバンチャ機能付バケットを用いた森林作業道作設システムは,従来型システム(1人作業,2人作業)より有効なシステムとなり得ることが示唆された。
索引語1人作業;2人作業;バケット;森林作業道作設システム;従来型システム;比較;生産性;作設コスト;バケッ卜;システム
引用文献数4
登録日2014年04月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat