カンショ育種における効率的な交配組合せの探索

カンショ育種における効率的な交配組合せの探索

レコードナンバー870650論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20036927NACSIS書誌IDAA12412168
著者名雨宮 昭彦
書誌名千葉県農林総合研究センター研究報告 = Annual research bulletin of the Chiba Prefectural Agriculture and Forestry Research Center
別誌名CAFRC Res. Bull.
千葉農林総研研報
発行元千葉県農林総合研究センター
巻号,ページ3号, p.61-66(2011-03)ISSN18835295
全文表示PDFファイル (310KB) 
抄録カンショ育種における第一段階である,個体選抜を効率的に行うための交配組合せを明らかにした。1.これまでに実施した交配組合せの中で,現在の個体選抜基準を満たす個体を生む確率の高い,効率的な組合せは,「ベニアズマ」×「べにまさり」,「べにまさり」×「ベニアズマ」,「太白」×「0316-3」,「千葉2号」×「0316-3」,「0219-3」×「ベニアズマ」,「0302-2」×「べにまさり」,「安納芋」×「べにまさり」,「太白」×「0202-2」,「ベニコマチ」×「0319-1」の9種類である。2.一方で,「クリマサリ」×「ベニアズマ」,「コガネセンガン」×「ベニアズマ」,「ベニアズマ」×「ベニコマチ」,「べニコマチ」×「春こがね」他計15組合せからは全く選抜されておらず,排除すべきである。3.個体選抜効率が高い交配組合せからは,千葉番号を付与した良食味の優良系統も育成されており,大量採種組合せの候補になり得る可能性を示唆している。
索引語ベニアズマ;交配組合せ;べにまさり;カンショ育種;個体選抜;第一段階;一方;春こがね;選抜;探索
引用文献数2
登録日2014年04月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat