新潟県の砂浜海岸汀線域における底質硬度と飽和状態との関係

新潟県の砂浜海岸汀線域における底質硬度と飽和状態との関係

レコードナンバー870723論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011795NACSIS書誌IDAN10278554
著者名梶原 直人
高田 宜武
書誌名水産工学
別誌名Fisheries engineering
発行元日本水産工学会
巻号,ページ50巻・ 2号, p.131-137(2013-11)ISSN09167617
全文表示PDFファイル (1240KB) 
抄録新潟県佐渡島真野湾における3カ所の砂浜海岸及び新潟市西部の四ツ郷屋浜において,サクション及び4種の底質硬度指標それぞれ測定し,四ツ郷屋浜における飽和水位と4種の底質硬度指標との関係を明らかにすることによって,安価かつ簡便な形で砂浜海岸汀線域における調査の高度化とその普及に資することを目的とした。佐渡島真野湾における3カ所の砂浜海岸において,サクションと4種の底質硬度指標は直線回婦が可能であった。また,四ツ郷屋浜の砂を用いた飽和水位と4種の底質硬度指標及び四ツ郷屋浜における4種の底質硬度指標とサクションの関係性から,サクションと硬度の同時測定データが蓄積されているところではその回帰式を求めその切片を,サクションが測定できない場合には静水位0cmの硬度を現場の砂を用いて測定することで,飽和状態の推定が可能と結論づけられた。これらの結果は従来の知見とよく一致し,妥当であるといえる。また,この手法では飽和状態の推定が回帰式の切片より正確に出来る可能性もあるため,早急に知見を蓄積して本手法の汎用性を確立してゆく必要がある。
索引語サクション;底質硬度指標;郷屋浜;飽和状態;回帰式;関係;砂浜海岸汀線域;硬度;砂;砂浜海岸
引用文献数12
登録日2014年04月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat