奄美大島・加計呂麻島におけるシガテラ原因魚の毒組成解析

奄美大島・加計呂麻島におけるシガテラ原因魚の毒組成解析

レコードナンバー870759論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名與儀 健太郎
大城 直雅
松田 聖子
佐久川 さつき
松尾 敏明
安元 健
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ54巻・ 6号, p.385-391(2013-12)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (2734KB) 
抄録2008年に鹿児島県奄美群島で発生した魚類摂食に起因する食中毒シガテラの3事例について,原因魚3試料および同時に漁獲された近海魚5種7試料のLC-MS/MSによるシガトキシン類(CTXs)一斉分析の検討を行った。食中毒の原因となったイッテンフエダイ2試料およびバラハタ1試料のすべてからCTX1B,54-deoxyCTX1B,52-epi-54-deoxyCTX1Bが検出されたが,CTX3C類縁体は認められなかった。これら2魚種のCTXs組成比は,それぞれ沖縄海域の両種における組成と共通していた。一方,宮崎県での食中毒原因試料はCTX3C類縁体が主要毒であり,毒組成の違いが示された。また,LC-MS/MSで測定した毒量はマウス毒性試験(MBA)結果(0.1~0.8MU/g)と同程度であったが,比毒性が明確でない54-deoxyCTX1Bによる総毒力への影響も推察された。一方,MBAで陰性(<0.025MU/g)を示した近海魚1試料からも微量のCTXsが検出された。
索引語LC;検出;食中毒シガテラ;バラ;2魚種;MS;MBA;奄美大島;加計呂麻島;シガテラ原因魚
引用文献数26
登録日2014年05月12日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat