CHN分析計による沿岸域における粒状有機炭素の定量法の検討

CHN分析計による沿岸域における粒状有機炭素の定量法の検討

レコードナンバー870825論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20012308NACSIS書誌IDAA11768091
論文副題無機炭素の影響について
著者名花田 光司
池田 大樹
寺門 亜矢子
井関 和夫
書誌名生物圏科学
別誌名Biosphere science
Journal of the Graduate School of Biosphere Science, Hiroshima University
広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
J. Grad. Sch. Biosp. Sci., Hiroshima Univ
発行元広島大学大学院生物圏科学研究科
巻号,ページ52巻・ p.15-24(2013-12)ISSN13481371
全文表示PDFファイル (8109KB) 
抄録無機炭素を含む海洋中粒子の有機炭素・窒素をCHN元素分析計で定量する場合には,予め酸処理により無機炭素(PIC)を除去する必要があるが,沿岸域試料で,酸処理なしでのCHN分析計の測定値を有機炭素と見做して報告している例が稀に見られる。そこで,瀬戸内海で採取された懸濁粒子,沈降粒子,および堆積物を用いて,酸処理の有無が粒状有機炭素(POC) の分析結果に及ぼす影響と,そこから派生する問題について検討した。一部の懸濁粒子や,沈降粒子および海底堆積物中の炭素の測定値は,酸処理なしの値が酸処理ありの値よりも顕著に高く,C/chl. a,C/N比なども過大評価されることが確認された。以上のことから,瀬戸内海を含む沿岸域試料でも,分析前の酸処理が必須であることが明らかとなった。
索引語酸処理;沿岸域試料;値;無機炭素;CHN分析計;粒状有機炭素;検討;影響;有機炭素;測定値
引用文献数17
登録日2014年05月12日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat