ブルーベリー近縁種ナツハゼとアラゲナツハゼにおける果実の成熟特性と品質評価

ブルーベリー近縁種ナツハゼとアラゲナツハゼにおける果実の成熟特性と品質評価

レコードナンバー870919論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名津田 浩利
小島 祥子
大坪 早貴
小松 春喜
國武 久登
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ13巻・ 1号, p.1-9(2014-01)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (7830KB) 
抄録我が国に自生するブルーベリー近縁種ナツハゼとアラゲナツハゼをブルーベリーの育種へ利用するための基礎的情報を得ることを目的として,果実の成熟特性調査および果実成分の評価を行った。ナツハゼとアラゲナツハゼは,栽培品種と比較して1果房当たりの果実数が多く細長い穂状の果房を着生した。また,同一果房内のすべての果実が成熟するまで樹上に着生させても,最初に成熟した果実は落果しないため,ブドウのように房取り収穫ができる可能性が示唆された。さらに,果実の成熟期は9~11月となり,ブルーベリーの極晩生品種より1~3か月遅いことが明らかとなった。果実の成分を分析した結果,ナツハゼとアラゲナツハゼ成熟果の糖酸比はブルーベリーと比較して低く食味は劣ったが,ナツハゼ成熟果の総アントシアニン含量はブルーベリーの約6倍であった。総アントシアニン含量はすべての材料において成熟果で最も高い値を示した。一方,総ポリフェノール含量,総プロアントシアニジン含量および抗酸化能の変化を調査したところ,ブルーベリーではいずれも未熟果で最も高い値を示し成熟が進むにつれて減少したが,ナツハゼとアラゲナツハゼでは成熟に伴い再び増加した。また,アラゲナツハゼ成熟果の総ポリフェノール含量は栽培品種の約3倍,総プロアントシアニジン含量では約17倍となった。さらに,供試材料で最も高い値を示したアラゲナツハゼの抗酸化能には,プロアントシアニジンを含むポリフェノールが寄与している可能性が示唆された。以上のように,ナツハゼとアラゲナツハゼは,ブルーベリーの収穫期間を拡大し,房取り収穫可能な高い機能性を有する品種育成のための育種素材として有望と考えられた。
索引語ナツハゼ;果実;ブルーベリー;アラゲナツハゼ;成熟;値;ブルーベリー近縁種ナツハゼ;栽培品種;比較;着生
引用文献数40
登録日2014年05月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat