‘桜島大根’におけるBrassica rapa由来マイクロサテライトマーカーの属間増幅とそのF1純度検定への応用

‘桜島大根’におけるBrassica rapa由来マイクロサテライトマーカーの属間増幅とそのF1純度検定への応用

レコードナンバー870922論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名田中 義弘
竹之下 佳久
向吉 健二
畠山 勝徳
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ13巻・ 1号, p.27-33(2014-01)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (2431KB) 
抄録鹿児島県では,‘桜島大根'において均一性向上を育種目標としてF1品種の育成を進めている。アブラナ科野菜のF1育種においては,S遺伝子の多型に基づくF1純度検定が提唱されているが,制限酵素処理を省くことで時間およびコストの大幅な削減が期待できる。そこで,簡便性や再現性に優れるマイクロサテライトマーカーについて,‘桜島大根'のF1純度検定への利用を検討した。同じアブラナ科のBrassica rapa L. に由来するマイクロサテライトプライマー対300種類を供試し,‘桜島大根'の自然受粉品種から自殖により固定した両親系統とそのF1組合せについて多型性を調査した。その結果,多型頻度が高い8種類のマーカーを見いだすことができた。そのうち,PCR産物のアガロースゲル電気泳動のみで判別が可能な2種類のマーカーを用い,生産力検定において有望であった3種類のF1組合せおよびその両親系統の多型性を調査したところ,いずれの組合せにおいてもF1純度の判別に利用することが可能であると考えられた。
索引語桜島大根;F1純度検定;F1;マーカー;利用;調査;判別;両親系統;多型性;時間
引用文献数21
登録日2014年05月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat