南伊豆海域におけるイセエビ標識放流再捕結果の検討(2)

南伊豆海域におけるイセエビ標識放流再捕結果の検討(2)

レコードナンバー870949論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035800NACSIS書誌IDAA1235617X
論文副題分散
著者名長谷川 雅俊
成生 正彦
書誌名静岡県水産技術研究所研究報告 = Bulletin of Shizuoka Prefectural Research Institute of Fishery
別誌名静岡水技研研報
Bull. Shizuoka Pref. Res. Inst. Fish.
静岡県水技研研報
発行元静岡県水産技術研究所
巻号,ページ46号, p.33-43(2014-01)ISSN18830382
全文表示PDFファイル (718KB) 
抄録イセエビの種苗放流や漁獲管理を進める上である地先海域に分布する群の分散を知ることが重要である。南伊豆海域における標識放流再捕結果をとりまとめ,イセエビの時空間的な動きについて検討した。1973~2004年まで伊豆半島16地先で303群,76,402尾のイセエビの標識放流が行われた(再捕数は6,644尾)。放流群毎に,秋・春漁期区分による再捕地別の再捕数を整理し,放流地での再捕割合や再捕範囲をまとめた。また,群の分散を量的に検討するために分散指数1(DI1),2(DI2)を提唱した。放流地での再捕割合は2地先を除き53.6~95.6%と高かった。再捕範囲は0~120.6kmであった。伊豆半島先端部では再捕範囲や放流地での再捕割合から,伊豆半島両岸北部の地先と比べ滞留する割合が小さかった。伊豆半島先端部ではDI1から,西への分散傾向が大きかった。時間経過を考慮するとDI2からI令(漁獲制限体長13cm以下)からII令に達する夏季に分散が広がり,それがIII令の秋季まで維持される傾向があった。
索引語放流地;再捕割合;再捕範囲;分散;南伊豆海域;検討;イセエビ;イセエビ標識放流再捕結果;群;伊豆半島先端部
引用文献数17
登録日2014年05月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat