Coded Wire Tagを用いた標識放流により立証された放流群分析と,浜名湖におけるガザミ種苗放流効果

Coded Wire Tagを用いた標識放流により立証された放流群分析と,浜名湖におけるガザミ種苗放流効果

レコードナンバー870953論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035800NACSIS書誌IDAA1235617X
著者名岡本 一利
長谷川 雅俊
御宿 昭彦
書誌名静岡県水産技術研究所研究報告 = Bulletin of Shizuoka Prefectural Research Institute of Fishery
別誌名静岡水技研研報
Bull. Shizuoka Pref. Res. Inst. Fish.
静岡県水技研研報
発行元静岡県水産技術研究所
巻号,ページ46号, p.67-78(2014-01)ISSN18830382
全文表示PDFファイル (5874KB) 
抄録静岡県浜名湖において,ガザミ種苗を放流し漁獲物調査を行うことにより放流効果を調査した。Coded Wire Tag放流により,放流群と天然群の識別が可能となり,群分析の有効性が示された。5事例のC3種苗放流群について群分析した結果,6月上旬近辺に放流された種苗は,8月に漁獲加入を開始し、9月を主体とした8~11月の間に大部分が漁獲回収された。その平均回収率は0.9%,漁獲量中に占める放流群重量の平均割合は回収期間中で56.2%,年間で12.4%であり,種苗放流の重要性を確認した。
索引語Wire;放流;群分析;調査;5事例;種苗;Tag;標識放流;立証;放流群分析
引用文献数25
登録日2014年05月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat