遊漁船のマダイ利用状況に関するアンケート結果

遊漁船のマダイ利用状況に関するアンケート結果

レコードナンバー870961論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035800NACSIS書誌IDAA1235617X
著者名海野 幸雄
阿久津 哲也
澤田 敏雄
幡谷 雅之
書誌名静岡県水産技術研究所研究報告 = Bulletin of Shizuoka Prefectural Research Institute of Fishery
別誌名静岡水技研研報
Bull. Shizuoka Pref. Res. Inst. Fish.
静岡県水技研研報
発行元静岡県水産技術研究所
巻号,ページ46号, p.113-121(2014-01)ISSN18830382
全文表示PDFファイル (695KB) 
抄録平成22年に静岡県内で実稼動した遊漁船業者674名に対して,マダイ遊漁を中心に遊漁船の操業実態等のアンケート調査を実施し,279名から回答を得た。遊漁船業者の90%は漁協に所属していた。マダイは最も重要遊漁対象魚種であり,マダイを対象に出漁する遊漁船業者は, 回答総数268名中185名(69%)であった。マダイ対象の出漁回数は,49回以下が回答総数171名中124名(73%)であったが,伊豆東岸,伊豆西岸及び遠州灘地区では150回以上出漁する者も10%程度みられた。また,マダイ採捕尾数は年間10尾以下と10~30尾の者がそれぞれ20%程度であった。マダイ資源は「変わらない」,「減った」とする回答を合わせると84%で,種苗放流の継続を望む回答も89%と多かった。遊魚船利用者も種苗放流事業を認知しているが,さらに放流事業を周知させる必要があるという回答が多かった。
索引語回答;遊漁船;マダイ;遊漁船業者;出漁;マダイ遊漁;放流事業;マダイ利用状況;アンケート結果;種苗放流
引用文献数3
登録日2014年05月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat