カラーシート反射光,LED照射光に対するミナミキイロアザミウマThrips palmi(Karny)の誘引特性

カラーシート反射光,LED照射光に対するミナミキイロアザミウマThrips palmi(Karny)の誘引特性

レコードナンバー871116論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014825NACSIS書誌IDAN00186121
著者名芳賀 一
片井 祐介
万年 潤哉
増井 伸一
書誌名日本応用動物昆虫学会誌
別誌名Japanese journal of applied entomology and zoology
日本応用動物昆虫学会誌
巻号,ページ58巻・ 1号, p.17-22(2014-02)ISSN00214914
全文表示PDFファイル (2334KB) 
抄録温室メロンで問題となっているミナミキイロアザミウマを対象に,カラーシート17種類およびLED光源(砲弾型LED360球が白色基盤上に配列された照射光源)8種類を用いて光に対する誘引特性を調査した。カラーシートの試験では,分光反射率のピーク波長が481~523nmの色でミナミキイロアザミウマの誘殺数が多かった。一方LED照射光では,拡散板を介した照射条件では波長500nmおよび525nmで多く誘殺された。透明板を用いてLED照射光が直接透過される光条件では,525nmとともに470nmでも誘殺数が多かった。3種のLED光源(470nm,500nm,525nm)と拡散板,透明板を組み合わせた試験では,500nmと525nmは使用した板に関係なく誘殺数が多かった。470nmは拡散板より透明板を使用した区で誘殺数が多く,条件により誘殺数が変化した。以上より,500~525nmの波長が安定して本種を誘引すると考えられた。
索引語LED照射光;ミナミキイロアザミウマ;拡散板;透明板;誘引特性;ミナミキイロアザミウマThrips palmi;LED光源;試験;使用;用いて光
引用文献数16
登録日2014年05月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat