安定同位体比分析によるうなぎ加工品の原料原産地判別

安定同位体比分析によるうなぎ加工品の原料原産地判別

レコードナンバー871290論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名一色 摩耶
中村 哲
高嶋 康晴
寺田 昌市
鈴木 彌生子
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ61巻・ 2号, p.54-61(2014-02)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (2671KB) 
抄録炭素,窒素,および酸素安定同位体比分析によるうなぎ加工品の原料原産地判別を検討した。酸素安定同位体比分析については,試料の酸素安定同位体比に及ぼす窒素の影響を補正する方法を検討した。分離カラム1.2mを用いて測定し,かつ本研究で提案した補正計算を行うことで窒素の影響を軽減できることが分かった。また,うなぎ加工品の前処理である調味料洗浄過程における酸素安定同位体交換のリスクを評価し,本研究で用いた水洗浄は試料の値に影響しないことを確認した。最適化した分析方法を用いて,うなぎ加工品244件(日本産139件および中国産105件)を試料として分析した結果,全ての安定同位体比に有意差が認められた。また,同一産地の試料について収集年度による有意差が炭素および窒素安定同位体比については認められたが,酸素安定同位体比については認められなかった。分析結果に基づいて線形判別分析により判別関数を構築したところ,その予測率は日本産で97.8%,中国産で83.8%となった。高い予測率で判別可能であったことから,炭素,窒素および酸素の安定同位体比分析はうなぎ加工品の原料原産地表示の真正性を確認するための有効な分析法であることが示唆された。
索引語うなぎ加工品;窒素;試料;炭素;影響;原料原産地判別;安定同位体比分析;酸素安定同位体比;酸素安定同位体比分析;検討
引用文献数32
登録日2014年06月10日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat