2番草リードカナリーグラス発酵TMRの発酵品質に及ぼすトウフ粕,トウモロコシジスチラーズグレインソリュブルおよび酵素の影響

2番草リードカナリーグラス発酵TMRの発酵品質に及ぼすトウフ粕,トウモロコシジスチラーズグレインソリュブルおよび酵素の影響

レコードナンバー871329論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015413NACSIS書誌IDAN00243054
著者名田川 伸一
森田 昌孝
堀口 健一
吉田 宣夫
高橋 敏能
書誌名山形大學紀要. 農學
別誌名山形大学紀要. 農学
Bulletin of the Yamagata University. Agricultural science
発行元山形大学
巻号,ページ17巻・ 1号, p.1-7(2014-02)ISSN05134676
全文表示PDFファイル (378KB) 
抄録2番草リードカナリーグラス(Phalaris arundinacea L., RCG)を材料とした発酵TMR(Total mixed ration)の発酵品質に及ぼす豆腐粕と製造元の異なる2種類のトウモロコシジスチラーズグレインソリュブルの利用,並びに酵素(商品名:プロセラーゼ10)0.2%添加効果をRCGの混合割合(原物)を45%と65%でパウチ法により検討した。先の報告の1番草RCGを供試したときより2番草RCG発酵TMRの発酵品質のうち,pHは高く乳酸含量は低かった。しかし,酪酸が殆ど検出されなかったためV-スコアとフリーク評点は高かった。また,何れのRCGの混合割合の場合も,酵素添加による発酵品質の改善効果は弱かった。2番草RCGを利用した時の発酵品質の評価が高かった原因に1番草より水分含量が低かったことが考えられた。
索引語発酵品質;RCG;酵素;2番草リードカナリーグラス発酵TMR;利用;混合割合;Phalaris arundinacea;発酵TMR;トウモロコシジスチラーズグレインソリュブル;供試
引用文献数23
登録日2014年06月10日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat