過去50年間のわが国の高等植物による食中毒事例の傾向

過去50年間のわが国の高等植物による食中毒事例の傾向

レコードナンバー871382論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名登田 美桜
畝山 智香子
春日 文子
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ55巻・ 1号, p.55-63(2014-02)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (3909KB) 
抄録厚労省監修の「全国食中毒事件録」をもとに,昭和36年~平成22年の高等植物による食中毒事例の傾向を分析した。食中毒発生件数の合計は,チョウセンアサガオ類,バイケイソウ類およびトリカブト類で多かった。月別発生件数では4,5月に多いものの,チョウセンアサガオ類など年中発生しているものもあった。主な原因施設は「家庭」であり,多くは患者が自ら原因植物を採取していた。最近10年間に顕著な増加が見られたのは,バイケイソウ類,スイセン,ジャガイモおよびクワズイモであった。近年の主な特徴は,園芸植物による事例が目立つようになったこと,小学校等の授業の一環で採取・調理されたジャガイモによる事例が増加していることである。今後,園芸植物の中にも有毒なものが存在するという消費者向け注意喚起を徹底し,教育現場では教師と子どもが自然毒の危険性への理解を深める取り組みが必要であると考えられた。
索引語事例;高等植物;食中毒事例;傾向;チョウセンアサガオ類;バイケイソウ類;採取;増加;ジャガイモ;園芸植物
引用文献数11
登録日2014年06月24日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat