水稲品種「みねはるか」の愛知県平坦部における高温登熟性の実態調査

水稲品種「みねはるか」の愛知県平坦部における高温登熟性の実態調査

レコードナンバー871386論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013985NACSIS書誌IDAN00381852
著者名本庄 弘樹
坂 紀邦
伴 佳典
杉浦 直樹
杉浦 和彦
谷 俊男
書誌名愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi-ken Agricultural Research Center
別誌名Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center
発行元愛知県農業総合試験場
巻号,ページ45号, p.27-35(2013-12)ISSN03887995
全文表示PDFファイル (556KB) 
抄録近年、愛知県では夏季の高温に起因する白未熟粒の発生により、「コシヒカリ」の外観品質低下が深刻である。このため「コシヒカリ」と同熟期の水稲品種「みねはるか」について愛知県平坦部における高温登熟性の実態調査を行った。その結果、高温年でも「みねはるか」は「コシヒカリ」よりも白未熟粒の発生が少なく、整粒歩合が優れた。特に「みねはるか」は地力の低いほ場でも「コシヒカリ」に比べ基部未熟粒の発生が少なかった。更に「みねはるか」の収量は「コシヒカリ」と同等であり、食味も良好であった。また、「みねはるか」は愛知県平坦部で栽培されている「コシヒカリ」と同様の栽培体系で施肥を20%程度増加させることで品質を低下させずに精玄米重を増加できる。
索引語コシヒカリ;愛知県平坦部;発生;水稲品種;高温登熟性;実態調査;白未熟粒;増加;高温年;整粒歩合
引用文献数20
登録日2014年06月24日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat