水稲におけるゼオライトとカリ資材の放射性セシウム吸収抑制効果

水稲におけるゼオライトとカリ資材の放射性セシウム吸収抑制効果

レコードナンバー871421論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20036240NACSIS書誌IDAA12388584
著者名佐久間 祐樹
佐藤 誠
書誌名福島県農業総合センター研究報告 = Bulletin of the Fukushima Agricultural Technology Centre
発行元福島県農業総合センター
巻号,ページp.37-40(2014-02)ISSN18825613
全文表示PDFファイル (1144KB) 
抄録2011年に比較的高い放射性Csを含む玄米が生産された水田において、ゼオライトとカリ資材の水稲における放射性Cs吸収抑制効果を土壌中の交換性カリ含量の面から検討した。ゼオライトは施用量が増加するほど放射性Cs吸収抑制効果は高くなるが、施用1年目の効果はCs吸着効果よりゼオライトに含まれるカリによる抑制効果の方が大きいと推察された。カリ資材では、同じカリ成分量を施用した場合、ケイ酸カリより塩化カリの方が放射性Cs吸収抑制効果は高かった。生育期間中の土壌中の交換性カリ含量と玄米の放射性Cs濃度には高い相関が認められた。また、これら資材の水稲の生育、品質に対する影響は認められなかった。
索引語ゼオライト;水稲;カリ資材;放射性Cs吸収抑制効果;玄米;交換性カリ含量;カリ;効果;抑制効果;塩化カリ
引用文献数1
登録日2014年06月24日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat