野菜におけるゼオライト施用による放射性セシウムの吸収抑制効果

野菜におけるゼオライト施用による放射性セシウムの吸収抑制効果

レコードナンバー871428論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20036240NACSIS書誌IDAA12388584
著者名小林 智之
村松 康行
大野 剛
書誌名福島県農業総合センター研究報告 = Bulletin of the Fukushima Agricultural Technology Centre
発行元福島県農業総合センター
巻号,ページp.60-62(2014-02)ISSN18825613
全文表示PDFファイル (207KB) 
抄録ポット栽培ならびに現地ほ場の栽培においてゼオライトを施用し、野菜類に対する放射性セシウムの吸収抑制効果について調査した。黒ボク土および褐色森林土を用いたコマツナのポット栽培試験では、栽培前土壌の交換性カリ(K2O)含量が10mg/100g乾土前後と低く、ゼオライト1%の施用から放射性Csの吸収抑制効果が認められた。ブロッコリーの現地栽培試験では、栽培前土壌の交換性カリ含量が低いAほ場において、10a当たり2tのゼオライト施用により放射性Csの吸収抑制効果が認められた。ゼオライト施用による植物体の放射性Cs濃度と栽培後土壌の交換性カリ含量との間に相関が認められたことから、ゼオライトから供給された交換性カリが放射性Csの吸収抑制効果に寄与したと考えられた。
索引語吸収抑制効果;放射性Cs;ゼオライト施用;放射性セシウム;ゼオライト;施用;交換性カリ;栽培前土壌;交換性カリ含量;栽培
引用文献数4
登録日2014年06月24日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat