水稲種子の水分含量を低下させることによる温湯消毒時の高温耐性の向上

水稲種子の水分含量を低下させることによる温湯消毒時の高温耐性の向上

レコードナンバー871619論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名金勝 一樹
三田村 芳樹
岡崎 直人
佐野 直人
山田 哲也
村田 和優
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ82巻・ 4号, p.397-401(2013-10)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (2242KB) 
抄録水稲種子の温湯消毒法は,化学農薬を使用しないクリーンな農業技術である。この消毒法の防除効果を向上させるためには,できるだけ高温で処理することが重要である。そのためには多くの品種において種子の高温耐性を強化する必要がある。本研究では,種子の水分含量を低下させることによる高温ストレス耐性の変化を調査した。それぞれ乾もみの水分含量が14.7%および15.0%の「日本晴」と「こがねもち」の種子を66℃で10分間処理すると発芽率は90%を大きく下回った。これに対して種子の水分含量を9~10%程度まで低下させておくと,どちらの品種の種子も同じ温湯処理条件で90%以上の発芽率を示した。さらに,種子の水分含量低下によるこのような発芽率の向上効果は,「ひとめぼれ」や酒米品種である「富の香」の種子でも認められた。以上のことから,温湯消毒を行う前に種子を乾燥させることは,高温耐性の改善に効果的であることが示唆された。
索引語種子;水分含量;低下;高温耐性;発芽率;向上;水稲種子;品種;消毒法;日本晴
引用文献数11
登録日2014年07月07日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat