アイゴによるアラメおよび数種のホンダワラ類の被食過程と群落構造の関係

アイゴによるアラメおよび数種のホンダワラ類の被食過程と群落構造の関係

レコードナンバー871624論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名野田 幹雄
大原 啓史
村瀬 昇
池田 至
山元 憲一
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ80巻・ 2号, p.201-213(2014-03)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (4885KB) 
抄録アラメとヤナギモクの混生域を伴うガラモ場とアラメ優占群落でのアイゴによるアラメとホンダワラ類の被食過程を明らかにするために,主に標識藻体を対象に周年調査した。ガラモ場のアラメの被食は軽微であったが,ヤナギモクは12月に主枝・葉が消失した。一方,優占群落のアラメは7月から被食を受け11月には側葉の消失した藻体が出現した。ジョロモクは8月から被食を受け11月に主枝の大半が消失した。対照的にヨレモクの被食は軽微で11月には藻体が著しく生長した。海藻種と群落構造により藻体の被食過程に大きな差異があった。
索引語アラメ;アイゴ;被食;被食過程;ヤナギモク;藻体;消失;群落構造;数種;ホンダワラ類
引用文献数56
登録日2014年07月07日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat