通気量と塩分勾配がオニオコゼ仔稚魚の生残と成長に与える影響

通気量と塩分勾配がオニオコゼ仔稚魚の生残と成長に与える影響

レコードナンバー871657論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名阪倉 良孝
安藤 嘉英
冨岡 千里
余語 滋
門村 一志
宮木 廉夫
萩原 篤志
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ62巻・ 1号, p.99-105(2014-03)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (1715KB) 
抄録異なる通気量と塩分勾配がオニオコゼ仔魚飼育に与える影響を調べた。容量1klの円形水槽で2つの飼育実験を孵化仔魚(0日齢)より着底まで実施した。実験1では5つの異なる通気量(0-1200ml/min)で21日齢までの飼育を行った。その結果,最終日の生残と通気量の間に有意な正の相関が検出され,300ml/min以上の通気量で生残が安定した。実験2では飼育水槽に水面から22pptの汽水,底面から34pptの海水をそれぞれ連続注入することで塩分勾配を形成させ,対照に34ppt海水に300ml/minの通気を施す水槽を設け,23日齢まで飼育した。その結果,塩分勾配水槽で飼育した魚の成長と着底が同調したが,飼育終了時の生残(47.3%)は対照のそれ(68.2%)より低くなった。1kl規模でのオニオコゼの仔魚飼育には300ml/min以上の強い通気による水流が必要であることが明らかになり,さらに塩分勾配の飼育水槽への導入により種苗生産に新たな可能性を見いだした。
索引語通気量;塩分勾配;生残;飼育;着底;通気;成長;影響;オニオコゼ仔稚魚;飼育水槽
引用文献数30
登録日2014年07月07日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat