トマト袋培地栽培における培地加温温度の違いが生育および収量に及ぼす影響

トマト袋培地栽培における培地加温温度の違いが生育および収量に及ぼす影響

レコードナンバー871737論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005895NACSIS書誌IDAN10485504
著者名中園 堯士
國武 みどり
井手 治
龍 勝利
書誌名福岡県農業総合試験場研究報告
別誌名福岡農総試研報
Bull. Fukuoka Agric. Res. Cent
発行元福岡県農業総合試験場
巻号,ページ33号, p.13-17(2014-03)ISSN13414593
全文表示PDFファイル (4158KB) 
抄録トマト袋培地栽培システムにおける暖房費の削減を目的として,電熱線を用いた培地加温温度の違いが生育および収量に及ぼす影響について検討した。その結果,ハウス内最低気温を慣行の15℃から3℃下げた12℃環境下で袋培地を21℃に加温すると,慣行に比べて開花日は遅くなり最終収穫花房の段数が減少したが,冬季に開花した花房の収穫果数が増えることで慣行と同等の合計収穫果数が得られ,商品果収量は同等となった。また,本培地加温方法により,暖房用の燃油消費量が大幅に削減でき,暖房に係る経費が約2割削減できることが明らかとなった。
索引語慣行;収量;培地加温温度;違い;生育;影響;削減;開花日;冬季;花房
引用文献数11
登録日2014年07月07日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat