宮崎県椎葉村大河内集落における植物の伝統的名称およびその利用法(3)

宮崎県椎葉村大河内集落における植物の伝統的名称およびその利用法(3)

レコードナンバー871849論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00006960NACSIS書誌IDAN00055178
論文副題つる,竹
著者名内海 泰弘
村田 育恵
椎葉 康喜
宮島 裕子
井上 晋
書誌名九州大学農学部演習林報告 = Bulletin of the Kyushu University Forest
発行元[九州大學農學部附属演習林]
巻号,ページ91号, p.15-18(2010-03)ISSN04530284
全文表示PDFファイル (290KB) 
抄録宮崎県椎葉村大河内地区における植物の伝統的な利用法と方言を記載した。これまでに高木類と低木類について報告してきたが,本報告ではつる植物32種とタケ類8種およびシュロについて複数の年長者からの聞き取り調査結果をまとめた。つる植物のおもな用途は縄,器具材,食材であり,タケ類のおもな用途は建築材,器具材,筍であった。つる植物で縄に用いられたのは5種あり,つるの物理的性質に応じて使い分けられていた。タケ類の中ではハチクとマダケが重要種で屋根材や生活用品の材料として重用された。他の多くのつる植物とタケ類は季節ごとに多様な食料として地域の生活を支えていた。
索引語植物;つる植物;タケ類;つる;利用法;用途;縄;器具材;ハチク;重要種
引用文献数22
登録日2014年07月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat