光学的手法を用いた葉面積指数の計測

光学的手法を用いた葉面積指数の計測

レコードナンバー871883論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00006960NACSIS書誌IDAN00055178
論文副題スギ人工林における補正係数の算出
著者名鶴田 健二
野方 麻里
篠原 慶規
小松 光
大槻 恭一
書誌名九州大学農学部演習林報告 = Bulletin of the Kyushu University Forest
発行元[九州大學農學部附属演習林]
巻号,ページ95号, p.88-92(2014-03)ISSN04530284
全文表示PDFファイル (687KB) 
抄録葉面積指数は森林と大気間のガス交換に影響を及ぼす重要なパラメーターであり、その最も直接的な計測法は樹木葉の刈り取りに基づくものである。実際にはより簡便な光学的手法による計測事例が多いものの、光学的手法は直接的な方法に比べて葉面積指数を過小評価する傾向にあることが知られている。そこで本研究では、スギ人工林において刈り取り法と光学的手法により葉面積指数を計測し、光学的手法の補正係数を算定することを目的とした。刈り取り法に基づく葉面積指数は、刈り取り計測の結果を基に作成したアロメトリー式から、7.7と算定された。光学的手法に基づく葉面積指数の算定は、LAI-2000および全天空写真画像によるものを行い、葉面積指数はそれぞれ4.9、5.0と算定された。葉の集中度を表す補正係数(Ω)は、どちらの方法を用いた場合でも0.64と算定された。
索引語葉面積指数;光学的手法;算定;補正係数;計測;スギ人工林;方法;刈り取り法;全天空写真画像;葉
引用文献数15
登録日2014年07月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat